2018年12月17日

仁淀ブルー通信でご紹介頂きました。

2018.12.07 仁淀ブルー「絶景ティーブレイク」第3話 〜流木焚き火コーヒーの喜び〜
http://niyodo-blue.com/entries/item/000362/
というインターネット配信の記事で当店の「四万十川源流点ブレンド」を
ご紹介頂きました。
以前に編集部員の方がいらして下さり、豆を購入頂きましたが、まさか記事で紹介して頂けると思いませんでしたのでとても光栄に思います。また無料で登録しておくとプッシュ配信で最新の記事が届きますので、皆様にもぜひお勧め致します。ご紹介頂いてから殆どの記事に目を通しておりますが、数人の編集部員が持ち回りで記事を書いており個々の視点・切り口で自由に記事を書いておりますので飽きず、次の記事が待ち遠しくなります。
また珈琲の選択も大人の事情で選択した感じでは無く、本当に気に入った店(豆)を掲載している感じで非常に好感が持てます。無料配信の記事のレベルを超えている写真。
編集の責任者は・・・。やはり只物では無い人が作っておりました。(笑)!!http://www.kochinews.co.jp/henro/index.html
自分だけのお気に入りの場所で流木で焚火をして珈琲を淹れる。
自分の決めたルール(流儀)で粛々と時間が流れてゆく。
珈琲をゴクリと飲む(やる)。
こちらの世界とあちらの世界を自在に出入りする。

mini_181212_1210.JPG

この記事を読んでるのが高知だった事が不幸中の幸い。
もしこれが、都会のオフィスだったら・・・。
ガツンとやられて数日立ち上がれなかったかもしれない。


10/1の珈琲の日&開店記念日より新しいルールを始めさせていただきました。
@未就学児童の入店を禁止致します。
Aお席利用のお客様はコーヒーの注文のある方のみとさせて頂きケーキのみでの利用は大人も子供もお断り致します。持ち帰りにてご家庭でお楽しみ下さい。
※席数8席の狭小店舗です。4名以上のお客様は全ての時間でお待ち頂く可能性がございます。少人数でお越し頂けますと有難いです。
経営的にも苦渋の決断ですが、10/1から心新たに高知では稀有な存在である、飲み物が
珈琲しか無い本物の珈琲専門店の道なき道を進んで行く所存です。
至らない所が多い当店ですがこれからも応援宜しくお願い致します。

posted by 店主 at 21:32| 雑誌・マスコミ

・自家焙煎珈琲 ・手作りケーキ ・コーヒー豆の業務卸 ・コーヒー器具、雑貨
spacer2.jpg hp_shopcard_back.jpg spacer2.jpg spacer2.jpg spacer2.jpg copyrights.jpg